診療・臨時休診のお知らせ

ゴールデンウイークの診療について(2019.3.27更新)

連休中の診察は、5月2日(木)9時から14時院長の診察のみとなります。
院長ブログ
がん情報サービス

医療機関情報

医院名
三光クリニック
院長
崔 仁煥
住所
〒144-0051
東京都大田区西蒲田5-27-12
診療科目
内科・消化器内科・胃腸内科
電話番号
03-3735-5581

沈黙の臓器 すい臓・肝臓・胆のう

三光クリニックは「地域のかかりつけ医」でありながら、専門性の高い診療をご提供しております。

すい臓、肝臓、胆のうの診療において三光クリニックが選ばれる理由-1

すい臓、肝臓、胆のうの診療において当クリニックが選ばれる理由

沈黙の臓器であるすい臓・肝臓・胆のう
私は、30年間、順天堂大学において、この領域における多くの病気を早期に診断し、治療してまいりました。当クリニックでは、今まで培った豊富な経験をもとに、すい臓、肝臓、胆のうがんの早期診断、予防を中心に診療を行います。

2000例以上(年間80例以上)のすい臓がんの診断・治療にたずさわってまいりました。
当クリニックでは、膵臓のエキスパートである院長が、すい臓病、とりわけすい臓がんの早期診断、予防を中心に診療を行います。

7500例以上(年間250例以上)の肝臓がんの診断・治療にたずさわってまいりました。
当クリニックでは、肝臓専門医でもある院長が、肝臓病、とくに肝臓がんの早期診断、予防を中心に診療を行います。

2000例以上(年間80例以上)の胆道がん(胆のうがん+胆管がん)の診断・治療にたずさわってまいりました。
当クリニックでは、胆道専門医でもある院長が、胆道がんの早期診断、予防を中心に診療を行います。

すい臓、肝臓、胆のうの診療において三光クリニックが選ばれる理由-2

 すい臓・肝臓・胆のうは沈黙の臓器と言われています。すなわち、病気が進行しても、症状がでにくく、手遅れになりがちです。
超音波検査はそのような無症状の患者さんを早期に診断するための有効な検査法です。当院では、超音波専門医であり、今までに10万例以上の豊富な経験を有する院長が直接検査を行うことにより、高いクオリティを確保しております。

詳しくはこちら≫

 さらに、当クリニックでは最新のMRI装置マルチスライスCT装置PET-CT装置とも連携し、早期診断に努めています。 

詳しくはこちら≫

 また、ご希望の方には自費にて癌のリスク検診、すなわち癌遺伝子検査癌アミノ酸検査アミノインデックス)などを行うこともできます。

 すい臓、肝臓、胆のうの癌であっても、早期に診断できれば完治する場合が多いのも事実です。
ご心配な方はお気軽にご相談ください。
当クリニックは「地域のかかりつけ医」でありながら、専門性の高い診療をご提供しております。